おすすめのクレジットカード

海外のAmazonで使えるクレジットカードは、Visa / MasterCard / American Expressの3種類です。Amazon.comではJCBも使えます。他のサイトでの利用も考えると、1枚目はVisa/Master、JCBは2枚目以降におすすめします。

ここではAmazonで使える、年会費無料のクレジットカードを紹介しています。

カード名ブランド電子マネー還元率学生その他
楽天カード Visa Master JCB Edy 1% 入会特典2000ポイント
SBIカードプラス Visa - 0.8% - 還元率最大2.3%
スルガVisaデビット Visa Edy 0.2% 審査なし 即時引き落とし

楽天カード

楽天ユーザーにおすすめ

楽天カードは楽天が発行しているクレジットカードです。楽天でカード会員限定のキャンペーンが行われるので、楽天を利用しているのであればぜひ持っておきたいカードです。入会すると2,000円分のポイントがもらえます。

ポイント還元率は1%で、他のカードと比べて高い部類に入ります。楽天ブックスや楽天オークションなど楽天のサービスの他、各種専門店で1ポイントから使えるので使い道にも困りません。Edyが付いているので、コンビニなどでポイントをためることもできます。

審査は非常にゆるいので、専業主婦や学生でも大丈夫です。学生の場合は学生用特典のある「楽天カードアカデミー」を使えます。

SBIカードプラス

2.3%まで還元率アップ

SBIカードプラスはSBIホールディングスが発行しているクレジットカードです。過去6ヶ月のショッピング利用額と、グループのサービス利用に応じて還元率が変動します。無料で利用できるサービスは住信SBIネット銀行とSBI証券の2つで、この2つだけで還元率1.1%になります。

ただし、キャッシュバックは5,000円からなので、貯まるまでに少し時間がかかります。無料で利用できる2つのサービスだけでは還元率があまり変わらないので、3サービス以上利用しない場合は楽天カードをおすすめします。

スルガ銀行 ANA支店 VISAデビットカード

Visaブランドのデビットカード

スルガ銀行ANA支店が発行しているデビットカードです。Visaが使えるお店ならクレジットカードと同じように使えます。審査はないので、職業や収入に関係なく作れます。

クレジットカードとの違いは、使用と同時に銀行口座から代金が引き落とされるところです。口座に残高がなければ使えないので、使いすぎを防止できます。逆に、残高=利用枠になるので、メインのクレジットカードの枠を使い切った後のサブとして使うこともできます。

気軽に利用できる反面、性能はクレジットカードに劣ります。楽天カードの還元率が1%なのに対して、このカードの還元率は0.2%しかありません。Edyの方が還元率が高いくらいです。また、還元額は1年ごとに計算されるので、キャッシュバックされるまでに1年待たなければいけません。